消費者の皆様へのアドバイス

市民バス画像
 「有料動画サイトの未納料金が発生しており、本日中に連絡がなければ法的手続きに移行します。」などというSMSやメールは典型的な詐欺の手口です。連絡してしまうと、様々な名目で金銭の支払いを要求されるため、SMSやメールに記載されている電話番号には絶対に電話しないようにしましょう。

 また、このようなSMSやメール等が届き、どうしても心配な場合は、
各地の消費生活相談窓口(電話番号:188)や警察(電話番号:♯9110)に相談しましょう。

 インターネット上には「詐欺被害の相談サイト」などと称するウェブサイトがありますが、そのウェブサイトの中には、架空請求等の解決をかたる悪質な事業者が存在しますので、十分注意しましょう。
 そのような事業者に連絡をして、不安に思った場合についても、すぐに各地の消費生活相談窓口に相談しましょう。消費生活相談窓口では、消費者から相談を受け、トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で行っています。


 以下の国民生活センターや消費者庁のホームページやチラシもご覧ください。

※国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

※消費者庁
http://www.caa.go.jp/





◆お問い合わせ
東根市消費生活センター(東根市生活環境課内)
電 話 0237−42−1111 内線2173
FAX 0237−43−1177
E-mail seikatsu@city.higashine.yamagata.jp



※画像は政府広報オンラインより引用