水道管の凍結について

水道管の凍結についてはこちらをご覧ください。

凍結しやすくなるのは…


 ・気温が氷点下4℃以下のとき
 ・真冬日(一日中気温が氷点下のとき)が数日続くとき
 ・冬に長期間水道を使用しないとき
 
 などが考えられます。
 特に、屋外にある水道は注意が必要です。

凍結を防ぐ方法

 【水抜栓】
 水道管を凍結から守るために設置されているものが『水抜栓』です。設置されている箇所は屋内、屋外などさまざまです。また、型式もハンドル式と電動式があります。
 水抜栓の場所と操作方法を確認しておきましょう。

 そのほか】
 保温材や凍結防止器を利用する方法もあります。詳しくは、東根市指定給水装置工事事業者にご相談ください。

凍結・破裂してしまったら


 凍結したとき】
 凍結したと思われるところにタオルを巻き付け、お湯をかけて温めてください。
 ※直接熱湯をかけると、蛇口や水道管が破損する恐れがあります。

 破裂したとき】
 水抜栓を閉め、東根市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。