国外にいる選挙人の投票方法

外国に居住していても、在外選挙制度により国政選挙において投票できます。
あらかじめ在外選挙人名簿の登録申請をして「在外選挙人証」の交付を受けていることが必要です。
■ 在外投票の対象となる選挙の種類 ■
衆議院議員挙と参議院議員の選挙です。

■ 在外投票ができる人 ■
年齢満18年以上の日本国民で、引き続き3カか月以上その住所を管轄する領事官の管轄区域内に住所を有している人(ただし、公民権停止をされていない人)です。

■ 登録の申請 ■
申請者本人、または申請者の同居家族などが、在外公館の領事窓口に行って在外選挙人名簿への登録申請をしてください。
登録申請の際には、申請者本人の旅券と申請書を提出する領事館の管轄区域内に引き続き3カ月以上住所を有することを証明する書類(例:住宅賃貸借証明書、住所が記載された電気・ガスの領収書など)が必要となります。
さらに同居家族などを通じて登録申請をする場合は、申請者が同居家族などへ委任したことを示す申出書と申請する同居家族などの旅券が必要です。

■ 在外選挙人証 ■
登録された人には、投票時に必要な「在外選挙人証」が選挙管理委員会から在外公館を通じて交付されます。

■ 在外投票の方法 ■

投票の方法には、次の3つの方法があります。

   1 在外公館投票
       投票記載場所を設置している在外公館で、在外選挙人証と旅券などを提示して投票します。

   2 郵便等投票
       登録されている市区町村の選挙管理委員会に、在外選挙人証を同封して、郵便などにより投票用紙を
       請求してください。

   3 日本国内における投票
       一時帰国した場合と、帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、在外選挙人証を提示して国
       内における投票方法(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)を利用して投票してください。

 ●お問い合わせ●
選挙管理委員会事務局
電話 0237-42-1111 内線 3330~3331
ファックス 0237-43-1165
メールアドレス senkyo@city.higashine.yamagata.jp