病後児保育事業を実施しています

東根市では、平成24年4月より、安心して子育てができる環境をより一層充実させるため、病後児保育事業を行っております。

 病後児保育とは、子どもが病気の際、保護者が就労等により自宅保育が困難な場合に、病気の回復期にある児童を専用施設で一時的に保育するもので、東根市が実施施設に委託して行うものです。


 1)対象
  市内に住所を有する満1歳から小学校6年生までの児童、
  及び保護者が市内に勤務する満1歳から小学校6年生までの児童
 2)対象となる疾患例
   感冒、消化不良などの児童が日常罹患する疾患、
  喘息などの慢性疾患、骨折などの外傷性疾患、感染性疾患など
 3)定員
  3名(1つの傷病で、最長7日間まで利用可能)
 ☀保育児童の症状により、定員以下の保育となる場合があります。
 4)開所日
  月曜日から土曜日まで(祝祭日、年末年始を除く)
 5)保育時間
  午前8時から午後6時までの希望する時間
 ☀病状によって、利用時間内でもお迎えをお願いする場合があります。
 6)場所
  病後児保育所「さんさん」 ℡42-5505
  東根市温泉町二丁目5番3-5号 さくらんぼ東根温泉ソーレケアヴィレッジ東根内
 7)運営方法
  社会福祉法人たいよう福祉会に委託
 8)保育体制
  保育士1名、看護師1名
 9)連携医療機関
  北村山在宅診療所
10 )保育料
  日額2,000円
 ☀昼食希望の場合は、別途300円の実費負担があります。
 ☀お支払いは、当日、「さんさん」に直接お支払ください。
11 )利用方法
 ①利用者登録(登録申請書の記入)
  事前に、「さんさん」または子育て健康課の窓口に登録申請します。
  登録の際には印鑑をご持参ください。
  ☀登録申請書の用紙は下記PDFデータをご利用ください。
 ②希望日の利用可否の確認
  病気の状態や定員の関係で利用できない場合がありますので、
  必ず「さんさん」へ電話(42-5505)で利用の可否をお問い合わせください。
 ③医療機関を受診し、利用連絡票を作成
  利用可の確認ができたら、かかりつけ医を受診し、病後児保育所を利用したい旨を
  主治医に相談してください。
  主治医からの話を元に、病状や安静度を保護者が利用連絡票を作成します。
  ☀医療機関に利用連絡票が備え付けてある場合がありますが、
   下記PDFデータを出力し、ご持参ください。
 ④病後児保育所に予約
  診察終了後に「さんさん」に電話で予約します。予約しない場合は利用できません。
 ⑤利用
  当日、保護者が記入した利用連絡票をご持参して下さい。
  そのほか必要な持ち物についてもご準備ください。

お問い合わせ先
東根市子育て健康課子育て支援係 ℡43-1251
病後児保育所「さんさん」 ℡42-5505

詳細はコチラ

利用には事前登録が必要です。
連絡票は、病院においていない場合がありますので、事前に準備してください。