NO6 いもこ汁

今やすっかり定番!カレー味のいもこ汁をご紹介します。(平成22年9月15日号掲載)
NO6 いもこ汁
~山形の秋の料理~
いもこ汁
NO6 いもこ汁

材料(4人分)
洗い里芋…500g 平こんにゃく…1枚
牛肉うす切り…400g くるま麩…1本
ゴボウ…1本 長ネギ…1本
キノコ(シメジかマイタケ)…1パック

事前準備
1.枝里芋、こんにゃくは、一口大に切る。
2.牛肉は、5cm幅に切る。
3.麩は、水に浸して一口大に切り、よく絞っておく。
4.ゴボウは、皮をむいて笹がきにし、あくを取る。
5.長ネギは、斜めのうす切りにする。
6.キノコは、石づきを取り小房に分ける。

作り方
1. 枝鍋に牛肉とAを入れて、から炒りして皿に移す。
2. 同じ鍋に里芋、こんにゃく、麩、ゴボウ、水を入れて、柔らかくなるまで煮る。
3. 2に1の牛肉を入れ、あくを取りながら煮る。
4. キノコと長ネギを入れ、火が通ったら出来上がり。

栄養価(1人分)
エネルギー 430kcal 塩分3.0g


NO6 いもこ汁

~ 今やすっかり定番!カレー味のいもこ汁 ~

[神町地区食生活改善推進員の皆さん]

 里芋が店頭に並ぶころになると、秋の気配を感じ、いもこ汁を作ります。
 いもこ汁は、家庭の食卓で食べる機会も多い料理ですが、芋煮会など、屋外のイメージが強いのではないでしょうか。この時期は、市内の河原などで芋煮会をする光景がよく見られます。
 最近の定番といえば、残ったいもこ汁にカレーと玉うどんを入れて食べることです。カレー味にしてもおいしいのは、この辺りの味付けがしょうゆ味だからでしょうね。