NO13 山菜おこわ

春の香りを詰め込んだ山菜おこわをご紹介します。(平成23年4月15日号掲載)
NO13 山菜おこわ

~春の香りを詰め込んだ~
山菜おこわ

NO13 山菜おこわ

材料(作りやすい分量:約7人分)

もち米と白米…各2合 水…3合(540cc)
山菜の水煮…200g 油揚げ…3枚
つきこんにゃく…180g ニンジン…50g
[Aしょうゆ風調味料・70cc 砂糖・大さじ2、サラダ油・大さじ2 酒・小さじ1]

作り方
1. もち米と白米は洗って、ざるに入れて30分置いた後、分量(3合)の水を加えて電気炊飯器で炊く。
2. 油揚げは短冊切り、つきこんにゃくは3cmの長さに、ニンジンは3cmの長さのせん切りにする。沸騰した湯でさっとゆで、水けをきる。
3. 山菜の水煮の水けをきり、2と一緒にAで煮て、味を付ける。
4. 炊き上がったご飯をすしおけに入れて、3を混ぜて出来上がり。
※3の煮汁は、ご飯が水っぽくなるので加えません。

栄養価(1人分)
エネルギー 314kcal 塩分 1.5g 


NO13 山菜おこわ

~ 手軽に簡単おこわ ~

[小田島地区食生活改善推進員 森谷暁美さん]

 おこわは蒸し器で作ることが多いですが、このレシピは電気炊飯器で手軽に作ることができます。また、もち米だけでなく白米も入れて炊くので、口当たりが軽く、子どもからお年寄りまで喜ばれます。
 今回は山菜の水煮を使いましたが、旬の山菜を使うと、より春の香りを楽しむことができます。
 誕生日や記念日など、お祝い事のときにぜひ作ってみてはいかがですか。