「東根市空き家等の適正管理に関する条例」について

 近年、高齢化に伴い居住者が子どもの家や施設に移ったり、家を相続したが居住しなかったり、様々な理由により空き家が目立つようになりました。管理の行き届かない空き家の周辺に及ぼす影響は多岐にわたりますが、特に老朽化した建物の倒壊は、他人の生命や財産などに被害を及ぼす可能性が高く、管理不全の空き家の周辺では不安を抱えています。

 空き家等の問題の根本は、居住者がいないことではなく、管理が不十分であることに原因があります。本市では、このたび、空き家等の所有者等による「適正管理」を促すために、「東根市空き家等の適正管理に関する条例」を施行します。