動画配信





このページでは、東根の案内を、映像と音声でお送りしております。

動画配信

『ふるさとCM作品』

「第6回ふるさとCM大賞」審査会で、東根市のCMが見事第2位にあたる「優秀賞」を受賞しました。 市若手職員手づくりのオリジナルCMをお楽しみください。
再生ボタン
動画配信

果樹王国ひがしね(映像ガイド)

東根市は、平成6年3月に『果樹王国ひがしね宣言』を行ました。さくらんぼ生産日本一をはじめ、りんご、もも、ぶどう、ラフランスなど、果樹が豊富な温泉のまちです。
動画再生ボタン
 
  音声ガイド

 ■ 観光情報・音声ガイド

東根小学校の校庭にそびえる、国指定特別天然記念物の大ケヤキ。樹齢は1500年以上、幹の太さ16m、直径5m、高さ28mという見事な巨木。日本ケヤキ番付表では東の横網を張り、堂々の日本一。
再生ボタン
東根城を築いた南北朝時代の武将・小田島長義が、1356年に納めたといわれる鐘。県下ではナンバー2の古鐘であり、その形式には平安時代と鎌倉時代の鐘の特徴が見られる。県指定文化財。
再生ボタン
江戸時代の隠れキリシタンが、幕府から逃れ礼拝したと伝えられる木造のマリア像。龍泉寺の秘仏であり、古くから近在の人々には子育て観音として崇められてきた。キリストを抱く聖母マリアの顔は母性愛に満ちている。
再生ボタン
大森山南麓にある、県内最古の磨崖仏。鎌倉時代末期の作と推定されている。高さ約5m、幅6.5m、厚さ3.5mという大岩の上段には五智如来が4体、下段には六地蔵が6体刻まれている。
再生ボタン
1715年に江戸南伝馬町の仏師によって造られた仏像。日本海を渡り、酒田から最上川を遡って運ばれてきたという言い伝えが残っている。右手にはつぼみの蓮華を1本持っていることから、枯華(ねか)釈迦像と呼ばれている。
再生ボタン
与次郎稲荷神社の境内にある、石造りの鳥居。最上三鳥居の一つに数えられ、通称「六田の石鳥居」と呼ばれている。 太くて重厚な石柱が古い時代を感じさせるが、推定では室町時代以前の建立ときれている。
再生ボタン
酒蔵を利用した歴史民俗資料舘。縄文期から近代までの考古資料、民俗資料が、約1000点展示されている。長瀞陣屋絵図、縄文時代の異形注口土器など、責重な資料の数々は必見だ。月曜日休舘。
再生ボタン