児童の福祉

児童手当など

制度
(制度名)

対象者 制度の内容 申請に必要なもの

担当課・係

 児童手当 中学3年生までの子どもを養育している父または母など

手当額:1人につき
3歳未満一律
月額 15,000円
3歳以上小学校修了前
月額 10,000円
(第3子以降は、
月額 15,000円)
中学生一律
月額 10,000円

支給月:6月、10月、2月(年3回)

①新規申請・・・
転入、出生(第1子)など

・印鑑

・申請者の保険証または年金加入証明書

・申請者名義の普通預金通帳

②増額申請・・・
出生(第2子以降)など

・印鑑

③その他・・・必要に応じて関係書類を提出いただくことがあります。    

福祉課
地域福祉係
児童扶養
手当

手当を受けることができるのは、次の条件のいずれかにあてはまる児童(18歳になった年度末まで、障害児は20歳未満)を扶養している方です。

1)父と母が離婚した児童
2)父又は母がなくなった児童
3)父又は母が一定の障害の状態にある児童
4)父又は母の生死が明らかでない児童
5)父又は母から1年以上遺棄されている児童
6)父又は母が1年以上拘禁されている児童
7)母が婚姻によらないで懐胎した児童

父母の離婚などにより父又は母と生計をともにしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与する為、当該児童について支給し、児童の福祉の増進を図ることを目的とする手当です。

◎児童一人の場合(月額)
全部支給の時 42,290円
一部支給の時
42,280円〜9,980円
◎2人目以降の加算額
(月額)
・2人目
全部支給の時 9,990円
一部支給の時
9,980円~5,000円
・3人目から
全部支給の時 5,990円
一部支給の時
5,980円~3,000円
・認定請求書
・印鑑
・請求者、対象児童の戸籍謄本
・年金手帳
・その他事実を明らかにする書類
福祉課
福祉相談係
特別児童
扶養手当
精神または身体に重度の障害を有する児童(20歳未満)の父または母または障害児を養育している方 1級・・・月額51,450円
2級・・・月額34,270円
・認定請求書
・印鑑
・対象児童の戸籍
 謄本
・住民票謄本
・診断書
・身体障害者手帳
・療育手帳
※別居監護の場合、上記の他に、
・申立書
・学校長の在学
 証明
が必要となります。
障害児
福祉手当
20歳未満の人で、精神又は身体に重度の障がいがあるため、日常生活においていつも介護を必要とする人 月額 14,580円 ・認定請求書
・所得状況届
・診断書
・通帳
・印鑑
重度心身
障害児
養育手当
重度心身障害児(3歳以上20歳未満)を養育している方 1人につき 月額3,000円 ・申請書
・印鑑
・診断書
・身体障害者手帳
・療育手帳
育成医療 18歳未満の児童、手術などを必要とする方で比較的短期間で治療効果のあるもの。

対象となる病名
1、肢体不自由
2、視覚障害
3、聴覚、平衡機能障害
4、音声、言語機能障害
5、心臓疾患
6、心臓疾患以外の先天性内臓疾患
7、腎臓疾患

◎給付内容
1、診察
2、薬剤または治療材料の支給
3、医学的処置、手術及び治療並びに施術
4、病院または診療所への収容
5、看護
6、移送

◎自己負担金 児童の属する世帯の市町村民税額に応じて定める金額を自己負担していただきます。

・育成医療申請書
・指定医師による育成医療意見書
・所得確認同意書
・直近の課税証明書(市外に住んでいた方)

●お問い合せ先

福祉相談係  (内線2145)
地域福祉係  (内線2141)

電   話 0237-42-1111
ファックス 0237-43-5565
メールアドレス
  fukushi@city.higashine.yamagata.jp