冬山登山の際は、十分に気を付けてください!

 冬山シーズンを迎え、入山を検討されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 さて、報道等でご存知のことと思いますが、全国各地で山岳事故が多数発生しており、最近では、富士山における死亡事故の報道がなされたところです。

 こうした状況を踏まえ、本市も例外ではありませんので、特に下記の事項について留意いただき、安全な登山を心掛けてくださいますようお願いいたします。


①適切な登山計画を立てましょう。

 冬山は、気象条件等を考慮すると、そのほとんどが危険区域となります。パーティの技術、体力、経験等を考慮して、無理のない登山計画を立てましょう。

 また、入山時には、直前の山岳状況を確認しましょう。

②山岳保険に加入しましょう。

 遭難者の捜索、救助活動には、多くの人員と多額の費用がかかる場合があります。

③登山届を提出しましょう。

 登山計画は家族や職場に必ず知らせておくほか、入山地を所管する警察署にも提出のうえ、入山しましょう。

④通信連絡を確保しましょう。

 冬山は、ほとんどの小屋が閉鎖されていますので、無線機等を携行し、万一の場合に備えましょう。

 また、携帯電話は不感地域が多いこと、寒冷により電池寿命が短くなることから、予備電池を携行しましょう。