子どもの予防接種について

病気に対する抵抗力をつくり、健やかに育つために予防接種を実施しています。

東根市では、予防接種は全て指定の医療機関による個別接種で実施しています。  

個別接種とは・・・市指定の医療機関に個別に予約して実施する予防接種です。接種間隔を確認の上、お子さんの体調のよいときに接種しましょう。

≪予防接種を受ける場合≫
〇市指定の医療機関に日時などを確認してからお出かけください。
○持ち物:予診票、母子健康手帳、保険証

※市外の医療機関(県内に限ります)での接種を希望される方は、予防接種券が必要になります。医療機関へ行く前に、子育て健康課へ申請にいらして下さい(申請には母子健康手帳が必要です)。

≪予防接種の種類と内容≫

〇定期予防接種(法律「予防接種法」に基づいて行うものです。)

表中の~未満は、~の前日のことです。

種類  

対象年齢  

接種間隔  

回数  

標準的な接種年齢  

間隔  

ヒブ  

※1  

生後2か月~5歳未満  

生後2~7か月未満  

4~8週間  

3回  

3回目終了後、  

7~13か月の間  

1回  

生後7か月~1歳未満  

4~8週間  

2回  

2回目終了後、  

7~13か月の間  

1回  

1~5歳未満  

 

1回  

肺炎球菌ワクチン
※1  

生後2か月~5歳未満  

生後2~7か月未満  

27日以上  

3回  

3回目終了後、  

60日以上あけて  

1回  

生後7か月~1歳未満  

27日以上  

2回  

2回目終了後、  

60日以上あけて  

1回  

1~2歳未満  

60日以上あけて  

2回  

2~5歳未満  

 

 

1回  

4種混合  

※2  

生後3~90か月未満  

1期初回  

生後3~12か月  

20~56日までの間隔  

3回  

1期追加  

生後18~30か月  

1期初回3回目終了後、12~18か月の間  

1回  

BCG

生後12か月未満  

生後5~8か月未満  

 

 

1回  

不活化ポリオ  

※3  

生後3~90か月未満  

1期初回  

生後3~12か月  

20~56日までの間隔  

3回  

1期追加  

生後18~30か月  

1期初回3回目終了後、12~18か月の間  

1回  

三種混合  

生後3~90か月未満  

1期初回  

生後3~12か月  

20~56日までの間隔  

3回  

 

 

1期追加  

生後18~30か月  

1期初回3回目終了後、12~18か月の間  

1回  

麻疹風疹( MR  

 

 

1期  

生後12~24か月未満  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回  

 

 

2期  

小学校入学前年の1年間  

 

 

 

 

1回  

日本脳炎  

(通常)  

1期  

生後6~90か月未満  

1期初回  

3歳  

6~28日までの間隔  

2回  

1期追加  

4歳  

1期初回2回目終了後、11~13か月の間  

1回  

2期  

9~13歳未満  

9歳  

 

 

1回  

日本脳炎  

(特例)

※4  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1期  

 

 

平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれの人が20歳未満まで


※平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人で、1期の接種が終わっていない人は、9歳~13歳未満の間に不足分の予防接種を受けられます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

間隔・回数は下記をご覧ください  

 

 

2期  

 

 

1期と同じ対象者で1期を終了した9歳以上の人  

 

間隔は医師の判断により1期終了後6日以上で可能であるが、5年以上の間隔をあけるのが望ましい。  

二種混合  

 

 

11~13歳未満  

 

 

11歳 

 

 

 

 

 

 

 

1回  

 

 

ヒトパピローマウイルス  

(子宮頸がん)
※1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学6年~高校1年相当の女子  

 

 

 

 

中学1年の間  

 

 

  

標準的な接種間隔1回目  

1回  

2回目(1回目終了後1か月または2か月後)  

※ワクチンの種類によって異なります。   

1回  

3回目(1回目終了後6か月後)  

1回  

水痘 1歳~3歳未満 1歳~2歳

1歳を過ぎたら早期に接種

1回

1回目接種終了後、6か月~12か月後

1回

※1 ヒブ、肺炎球菌、ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん)ワクチンについて

  これら3つのワクチンは、平成24年度まで任意接種(保護者の希望で受ける予防接種)でしたが、平成25年度より定期予防接種となりました。

 まだ接種を完了されていないお子さんは、すみやかに接種を受けるようにしましょう。

※2  4種混合ワクチンについて
 
平成24年11月から4種混合ワクチンの予防接種が開始しました。
 
4種混合ワクチンとは、三種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳)に不活化ポリオを加えた予防接種です。


●対象者(生後3か月~7歳6か月未満で次のいずれかに該当する方)

・平成24年8月以降お生まれの方

・平成24年8月以前お生まれの方で、三種混合ワクチン・ポリオワクチン(不活化、または生)のどちらも接種をしたことがない方

※ワクチン供給量の都合で、医療機関によっては対象者に三種混合ワクチン+不活化ポリオワクチンの接種を勧める場合があるようです。受ける際は医療機関にご確認下さい。


●以下の方は三種混合ワクチン+不活化ポリオワクチンを接種して下さい。

・三種混合ワクチンまたは不活化ポリオワクチンを1回以上接種した方

・生ポリオワクチンを1回接種した(飲んだ)ことがある方

 

※原則として最後まで同じ種類のワクチンを接種して下さい(一度でも三種混合ワクチンまたは不活化ポリオワクチンを接種した人は、途中から4種混合ワクチンは受けられません)。

 


●接種回数と間隔

1期初回…生後3か月~12か月に達するまでの期間に3回

     (20日~56日の間隔をあけて)

1期追加…1期初回3回目終了後、12か月~18か月に達するまでの期間に1回

 

※3 不活化ポリオワクチンについて

  平成24年9月1日から不活化ポリオワクチンの予防接種が開始されました。

 これまでポリオワクチンの予防接種は集団で生ワクチンを経口(口から飲む)で接種していましたが、平成24年9月1日からは生ワクチンを中止し、不活化ワクチンを医療機関で個別接種する方法に変わりました。

 

●対象者(生後3か月~7歳6か月未満で次のいずれかに該当する方)

・三種混合ワクチンまたは不活化ポリオワクチンを1回以上接種したことがある方

・生ポリオワクチンを1回接種した(飲んだ)ことがある方

●平成24年8月以降お生まれの方は4種混合ワクチン接種の対象となります。

  生ワクチンを2回接種した方は完了 となり、不活化ポリオワクチンの予防接種は 必要ありません。

 

<接種の仕方(過去に生ワクチンを接種したことがある人)>

・生ワクチンを2回接種(口から飲んだ)した人

⇒ポリオワクチンは完了です。不活化ポリオワクチン接種の必要はありません。

 

・生ワクチンを1回接種した人

⇒不活化ポリオワクチンを2回接種後、6か月以上あけて追加接種をします。

 

※4 日本脳炎予防接種の特例措置について

  日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことが原因で、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。

 現在は新しいワクチンが開発され、国ではワクチンの供給量にあわせて対象者を決め、再開しております。


◎平成17年度から接種差し控え中の間受けることができなかった平成8年4月2日~平成19年4月1日生まれの人は20歳未満まで特例措置の対象になります。1期、2期の接種が終了していないお子さんは、20歳未満までの間、無料で接種することができます。

◎平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれのお子さんで、第1期(計3回)の接種が済んでいない方は、9歳~13歳未満の間に無料で受けることができます。母子健康手帳をご確認いただき、接種もれがある場合は、早めに受診しましょう。


◎3歳・4歳のお子さん(7歳6か月未満のお子さん)は、予防接種法に基づき通常のスケジュール通り接種してください。

 

●接種回数と間隔
・まったく接種していない人

         6日~28日の間隔         約1年の間隔                6日以上の間隔
1回目接種 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・2回目接種・・・・・・・・・・・・・・3回目(1期追加)接種・・・・・・・・・・・・・・・・第2期接種

 

・すでに1回接種した人

         6日以上の間隔                6日以上の間隔
2回目接種 ・・・・・・・・・・・・・・・・3回目(1期追加)接種・・・・・・・・・・・・・・・・第2期接種

 

・すでに2回接種した人

               6日以上の間隔
3回目(1期追加)接種 ・・・・・・・・・・・・・・第2期接種

 

※平成28年度は、小学3年生のお子さんに「日本脳炎第2期」のご案内をしております。9歳の誕生日を迎えてから接種するようにお願いいたします。なお、母子健康手帳で第1期(計3回)の接種が済んでいるかをご確認のうえ、第2期の接種を受けてください。




≪市内で接種できる指定医療機関≫

 

医療機関名

住    所

電話番号

江口こども医院
中央二丁目18-1

43-8118

大沼医院 神町中央一丁目11-18

48-2830

金村医院
菅クリニック
本丸西四丁目1-24
東根甲655

48-6110
42-0055

工藤医院 羽入2098-4

47-3838

佐藤内科胃腸科医院 神町中央一丁目9-35

47-1125

塩野胃腸科内科医院 東根甲5160 - 3

42-0395

柴田内科循環器科クリニック

すずきこどもクリニック

一本木二丁目4-25

神町北三丁目2-18

42-3917

53-6107

ひかり皮膚科 さくらんぼ駅前二丁目13-1

43-1002

藤田医院 六田一丁目1-35

42-0256

保坂クリニック さくらんぼ駅前二丁目7-22

41-1188

宮崎外科胃腸科クリニック 宮崎一丁目3-30

41-2357

山本内科医院 中央四丁目5-24

43-0180

北村山公立病院 小児科外来 温泉町二丁目15-1

42-2111

宇賀神内科クリニック      中央南一丁目6-28

53-6961

※医療機関によって、接種可能なワクチンの種類が異なります。
     平成29年度 健康カレンダー にてご確認ください。

●市外の医療機関で予防接種を受ける場合
 事前に予防接種券の申請が必要です。また、医療機関によっては自己負担分が発生する場合があります。
 接種できる医療機関や接種料金など、詳しくはお問い合わせ下さい。


●県外の医療機関で予防接種を受ける場合
 事前に、県外で予防接種を受ける申請が必要です。(申請をせずに受診した場合は、全額自己負担になります。)料金は、受診時に自己負担してもらいますが、その後払い戻しでの助成をしています。(ただし、東根市での助成金額分に限る。)
 <払い戻しの申請の持ち物>
  ・医療機関で発行された領収書
  ・印鑑
  ・通帳

● お問い合わせ

   子育て健康課母子健康係
   電話    0237-43-1250 
         ファックス   0237-41-2232
     メールアドレス 
kenkou@city.higashine.yamagata.jp