キャベツとキノコの鶏だしスープ

キャベツとキノコの鶏だしスープ(市報平成28年4月15日号掲載)をご紹介します。
キャベツとキノコの鶏だしスープ
❶鶏肉は両面に塩小さじ1( 分量外)を ふり、約10分置いて水洗いする。鍋に鶏肉、水を入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、約15分ゆでる。途中、アクをとる。
❷❶の鶏肉を取り出し、5mm幅に切る( ゆで汁はスープに使う)。
❸キャベツは一口大に、ニンジンは短冊切りにする。エノキダケは根元を切り落とし、3cmの長さに切ってほぐす。シイタケは石づきを取り、厚切りにする。
❹フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で❸を炒め、しんなりしたら❷のゆで汁の中に鶏肉とともに加え、煮立ったら中火にして約10分煮る。キャベツを加え、約3分煮て、塩コショウで味をととのえてできあがり。
協力/長瀞地区食生活改善推進員会


「東根市食育・地産地消推進計画」では、1日に食べたい野菜( キノコ・海藻類)の 量を350g~400g果物の量を200gとしています。