退職者医療制度

退職者医療制度

  退職者医療制度とは

長い間勤務したのち退職し、厚生年金や共済年金を受けている人とその扶養家族の方は、「退職者医療制度」で医療を受けることになります。
国民健康保険税、医療機関での自己負担割合は一般の国民健康保険と変わりありません。

退職者医療制度に加入する方

○『退職被保険者本人』
 ・東根市国民健康保険の加入者で、厚生年金などの老齢(退職)年金を受けていて、その加入期間が20年以上(または40歳以降に10年以上)ある65歳未満の方

○『退職被扶養者』
 ・退職被保険者本人の配偶者、三親等以内の同居の親族で、退職被扶養者本人により生計を維持されている65歳未満の方(ただし年間収入が一定基準額を超える方を除く)

加入手続き

○現在、東根市の国民健康保険証をお使いの方
 ①国民健康保険証
 ②印鑑(朱肉にて押印するもの)
 ③年金証書(加入期間が記載されているもの)

○勤め先を退職と同時に加入される方
 ①職場の保険証をやめた証明の書類(喪失証明書など)
 ②印鑑(朱肉にて押印するもの)
 ③年金証書(加入期間が記載されているもの)

退職医療制度では、
●本人の医療機関窓口での自己負担額
●国民健康保険税
●職場の健康保険などからの拠出金

が財源となっています。

※必ず届け出をしましょう!ご協力をお願いします。
退職者医療制度の対象となっているのに、届け出がなされないと、本来拠出金が負担する分まで保険税などで負担することとなり、財政運営に影響が予想されます。