マイナンバー(個人番号) 通知カードを失くしてしまったら

通知カードを紛失した場合の手続き

通知カードを外で紛失した場合は、まずは警察へ遺失届を提出してください。
その後、次のどちらかの手続きをしてください。
  ①通知カードの再交付申請(1枚につき500円)
  ②通知カードの再交付を受けずにマイナンバーカード(個人番号カード)を申請(初回無料)。
※すでにマイナンバーカード(個人番号カード)を申請している場合、通知カードの再交付はできませんのでご注意ください。

※どちらのカードも、全国の市町村がカードの作成を依頼する地方公共団体システム機構(J-LIS)で作成されます。そのため申請から受取までは約1か月かかります。お急ぎの場合は、マイナンバー(個人番号)の記載された住民票をお取りください。
 
ただし、同一世帯員以外の方が委任状をもってマイナンバー(個人番号)の記載された住民票を申請した場合は、その場で交付はできません。本人の住民登録地に簡易書留で郵送しますので、封筒と切手(392円または402円分)をお持ちください。

通知カードの再交付申請 

 受付窓口と時間
・東根市役所市民課(平日8:30~18:30)

 申請に必要なもの
1.通知カード再交付申請書(市民課窓口にあります)
2.通知カード紛失届(市民課窓口にあります)
3.通知カードの紛失を証明する書類
・外で紛失された方は、遺失届を届け出た警察署の連絡先と遺失届受理番号
・家の中で紛失された方は書類は必要ありませんが、再交付申請書に紛失の経緯を記入していただき  ます。
・火事等で焼失してしまった方等は、消防署または市役所で発行する罹災証明書
4.本人確認書類(原本)
5.再交付手数料(通知カード1枚につき500円)
 

法定代理人以外の代理人が手続きする場合
法定代理人以外が手続きする場合、上記に加え以下のものが必要になります。
委任状
・委任した方の本人確認書類(原本)
・代理人の本人確認書類(原本)


法定代理人が手続きをする場合
法定代理人(親権者・成年後見人等)が手続きする場合には、以下のものが必要になります。
・戸籍謄本その他その資格を証明する書類(発行から3か月以内のもの)
・代理人の本人確認書類(原本)
・再交付する方の本人確認書類(原本)

※本人確認書類の要件 (必ず原本をお持ちください。受付の際にコピーをさせていただきます。)

1点

運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(顔写真付)、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、身体障害者手帳、精神障害者保健手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、等
官公署から発行され、又は発給された書類その他これに類する書類であって、個人識別事項(氏名と生年月日または住所)が記載され、かつ、写真の表示その他の該当書類に施された措置によって、特定の個人と確認することができるもの。

2点

健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、児童扶養手当証書、各種年金証書、生活保護受給者証、社員証、学生証、等
個人識別事項(氏名と生年月日または住所)が記載された、特定の個人と確認することができるもの。

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請について

マイナンバーカードは、初回無料で取得できる顔写真付きのカードです。取得には申請が必要です。

申請方法は、主に2種類あります。

(1) 郵送で申請…申請書に顔写真を貼り、返信用封筒に入れてポストへ

(2) オンラインで申請…スマートフォンで顔写真を撮影し、オンラインで申請、
もしくはデジタルカメラで顔写真を撮影し、パソコンからオンラインで申請

※どちらの場合も、通知カードに付いていた申請書や、申請書に記載されたQRコード(または申請書ID)が必要です。申請書も失くしてしまった場合は、市民課で再交付します。(本人確認書類をお持ちください。)
※現在は、申請から約1ヶ月で交付通知書を郵送しております。

マイナンバーカード総合サイト

マイナンバーカード(個人番号カード)についての詳細は、
こちらをご覧ください→ https://www.kojinbango-card.go.jp/index.html