白菜と鮭の重ね蒸し

白菜と鮭の重ね蒸し(市報平成28年12月15日号掲載)をご紹介します。
白菜と鮭の重ね蒸し

❶白菜は葉と芯に切り分け、それぞれ長さを半分に切る。鮭は6等分のそぎ切りにしてボウルに入れ<A>をからめる。
❷口径約20cmの厚手鍋に酒を入れ、白菜の葉(1/3量)をしく、その上に芯(1/3量)を重ね、<B>を合わせたもの(1/2量)を茶こしを使って全体にふる。鮭(1/2量)を重ならないように並べる。これをもう一度繰り返す。最後に残りの葉と芯を順に重ねて手でかるく押さえる。
❸フタをして強火で加熱する。約1分間加熱したら弱火にし、20分間蒸し煮する。全体のかさが半分くらいになったら火を止め、鍋の中で4等分に切り分ける。
❹皿に盛りつけ、蒸し汁をかける。上にバターをのせていただく。

協力/小田島地区食生活改善推進員会


「東根市食育・地産地消推進計画」では、1日に食べたい野菜( キノコ・海藻類)の 量を350g~400g果物の量を200gとしています。