果樹王国ひがしねの6次産業化を応援します

東根市の6次産業化について紹介します。
農産物の生産にとどまらず、加工、流通・販売に一体的に取り組む「6次産業化」を目指しませんか。

◆6次産業化とは◆
6次産業化とは、地域資源を活用し、農林水産業者(1次)がこれまでの原材料供給者としてだけでなく、パッケージ開発や加工(2次)、販売・サービス(3次)に農林漁業者が主体的に取り組み、農林水産物に新たな価値を加えて商品化し、収入の増加を目指す取り組みのことです。なお、その範囲には農林漁業者自らがすべてを行う取り組みに加え、商工業者などが通常の商取引を超えて協力し、双方が売り上げや利益の増加を目指す取り組みや観光、サービスなど地域資源を活かして連携する取り組みなどを含めます。

◆6次産業推進協議会とは◆
生産者や事業者などによる6次産業化の取り組みを支援すべく、6次産業化の核となる人材の育成、関係者とのネットワークづくり、情報提供の強化、新たな観光資源の創出などに取り組んでいくための協議会です。

◆果樹王国ひがしね6次産業化推進戦略とは◆
東根産農産物の6次産業化やブランド化を推進し、本市産農産物の新たな価値を創出するため、意欲的に取り組もうとする農林漁業者や各分野において「食産業」に関わる関係者が互いに連携・協力した取り組みが必要であることから、これらの取り組みを戦略的に推進し、本市農林水産業及び関連産業のさらなる発展に資していくための指針として平成28年10月に策定されました。

果樹王国ひがしね6次産業化推進戦略ダイジェスト版

◆ワーキンググループとは◆
6次産業化に取り組もうとする生産者や事業者などで組織する商品開発グループを指すとともに、関連事業者とのマッチングや新商品の研究・開発を目的とします。

◆ワーキンググループに参加しませんか◆                 
6次産業化に取り組みたい人や興味のある人は、①名前、②所属(会社名など)、③住所、④電話番号などをブランド戦略推進室までお知らせください。                     
電話・FAX・メール(brand@city.higashine.yamagata.jp)いずれの方法でも受け付けます。   


◆地理的表示(GI)保護制度とは◆
地理的表示保護制度とは、品質・社会的評価その他の確立した特性が地域と結びついている産品について、その名称を知的財産として保護するもので、国際的にも広く認知されており、世界で100か国を超える国で保護される。登録産品にはその名称と登録標章(GIマーク)を付すことが出来ます。