学校給食センターの紹介

平成20年4月から、PFI方式による民間資金や経営能力を活用した新しい施設と設備で、市内小中学校4300食の給食を提供しています。献立作成や食材調達、検収は市が行い、維持管理や調理、配送はPFIさくらんぼ東根学校給食サービス株式会社が行います。(学校給食センター所在地:大字東根甲6032)

学校給食の基本方針

学校給食をとおして心身の健全な発展に資することを目的とし、学校給食をとおしての食育に積極的に取り組みます。

学校給食の目標

  1. 地場産物を活用 した郷土色豊かな学校給食や小学校6年生や希望する中学校3年生を対象にしたバイキング給食を充実するとともに、児童生徒の作成した献立を取り入れ、 給食への関心と楽しみを高める 変化のある給食づくりに務めます。
  2. 減塩・減糖 に配慮するとともに、残渣等の資料分析を行い、嗜好や栄養バランス等を献立作成に反映させた給食づくりに務めます。
  3. 家庭の食事を考える食育の実践活動を展開していくため、「学校給食ランチタイム」の充実を図り、保護者や市民の学校給食への関心と理解を深めます。

学校給食ランチタイム

 子ども達がどんな給食を食べているのか、体験してみませんか。少人数※(5名以内)で事前に申し込んでください。実費(小学校の給食費)を当日お支払ください。 ※保護者、市民、市内にお勤めの方