地域支援事業

■地域支援事業   要介護や要支援と認定されていない方も受けることができるサービスです。地域支援事業には介護予防事業、包括的支援事業、任意事業があります。
◆介護予防事業
●一般高齢者事業 元気な高齢者を中心に、要支援へ移行する危険性のある人なども対象とする事業を行います。介護予防に関する教室や講演、情報提供なども行います。 要支援、要介護状態となる可能性の高い高齢者を対象に実施する事業です。運動機能向上 、栄養改善、口腔機能向上、認知症予防と支援、うつ予防と支援などを行います。

◆包括的支援事業
地域包括支援センターの業務を指します。地域包括支援センターは、高齢者が安心して生活できるために必要な相談や支援を包括的に行う機関です。その他、要支援と認定された方のサービス利用計画(ケアプラン)を作成します。
◆任意事業
地域の高齢者が、安心してその人らしい生活を継続していくことができるように、高齢者及び要介護認定を受けた高齢者を介護している家族等を対象に、地域の実情に応じた必要な支援を行う事業です。介護給付等費用適正化事業、家族介護支援事業、認知症高齢者見守り事業、家族介護継続支援事業、成年後見制度利用支援事業、福祉用具・住宅改修支援事業、地域自立生活支援事業などを行います。