東根市障がいを理由とする差別の解消の推進に関する条例を施行しました

平成28年4月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が施行されたことを受け、東根市では、令和元年6月21日に「東根市障がいを理由とする差別の解消の推進に関する条例」を施行しました。全ての市民が障がいの有無に関わらず、お互いに人格と個性を尊重し合いながら、共に安心して暮らすことのできる社会を目指して、市民、事業者の皆さんと共に取り組みを進めていきます。

市内の障害者手帳交付者数は約2,500人で、これは市民の約19人に1人が手帳を持っていることになります。その中には、見た目では障がいがあることがわからない人も多くいます。
また、手帳を持っていなくても、日常生活や社会生活を送る上で不便を感じている人も多くいます。
自分や家族が、病気や事故で障がいのある状態になることがありえます。障がいは、決して遠い世界の話ではなく、身近なこととして考える必要があります。 一人一人の優しい気遣いや、寄り添う気持ちが大切です。