スポーツ大会出場激励金の交付基準が変更になりました(令和2年10月)

基準の明確化を図るため、激励金交付基準の見直しを行いました。対象者や申請方法にも変更がありますので、申請前にご確認ください。
●東根市出身であれば、対象となる大会があります
 東根市に住民票がある場合でも、実際に住んでいない方(通学のために市外に居住している方等)は対象外と明記されました。ただし、オリンピック・パラリンピック・国体・東北総体等、一部の大会では東根市立の小学校または中学校を卒業していて、実家が東根市内にある学生に限り対象となりますので、詳細はお問い合わせください。

●監督、コーチ、マネージャー等は一部大会に限り対象となります
 監督、コーチ、マネージャー等として出場する方については、オリンピック・パラリンピック・国体・東北総体等、一部の大会に限り対象となります。詳細はお問い合わせください。

●大会終了後、本大会の結果がわかる資料を提出してください
 以前は予選会の結果がわかる資料だけ提出いただいていましたが、本大会の結果がわかる資料の添付も必要となりました。大会前に激励金の申請を行う場合、大会終了後に追加で提出いただきます。

●口座振替が選べるようになりました
 激励金受け取りの負担を軽減するため、口座振替での交付を開始します。口座振替を希望する場合は、通帳の写しの添付も忘れずにお願いします。なお、申請者と出場者が異なる場合(保護者が申請する場合等)は、申請者名義の口座に限りますので、ご注意ください。

●東京オリ・パラも「国際大会」区分の対象です
 「国外大会」(国外において開催される大会)という区分を「国際大会」に変更しました。開催地にかかわらず国際大会区分での支給となります。

⇒詳細は「スポーツ大会の出場者に激励金を交付します」(リンク)をご覧ください。