こんにちは市長です

2018年10月1日
土田市長写真

た~んとほおバルフェスタ
東根地区スポレク大会&高崎地区敬老会

 秋本番、各地区でさまざまなイベントか開催されました。この中から三つを紹介します。

 1つ目は、秋の恒例となりました「た~んとほおバルフェスタinひがしね2018」です。3日間にわたり市民体育館駐車場で開催されました。初日は東根産の牛肉や県産の豚肉、野菜などが提供されたバーベキューで賑やかに開幕。観光物産協会や市などの実行委員会が主催し、16日までの間、肉料理を中心に33のブースが出展されました。スペアリブや仙台牛タン焼き、ソーセージにカレー粉とケチャップをかけたドイツ料理のカリーヴルスト、友好都市である北海道新得町の地鶏炭火焼、宮城県東松島市のカキ潮汁などが販売されました。イベント期間中は天候にも恵まれ、昨年より人出も多く、約3万2千人が会場を訪れました。売上高も好調に推移し、大盛況で終えることができたことは何よりであります。

 2つ目は、東根中部小学校グラウンドで開催された「第25回東根地区スポーツ&レクリエーション大会」です。これは、東根地区恒例のスポーツを通した交流行事で、東根地区区長協議会や東根公民館か主催し、地区内47区のうち30区から17チームが参加しました。私も輪投げや狙い撃ちといった二種目に出場し、いい汗をかくことができました。かつては、市内の全てで地区の運動会が開かれていたようですが、今では4地区に減少。さまざまな事情があるとは思いますが、地区民相互の交流やコミュニケーション不足が指摘される中、東根地区のように大規模な地区で、開催を続けていることは大変すばらしいことと感心した次第です。

 3つ目は、高崎小学校体育館で行われた「高崎地区敬老会」です。地区全体で開催される敬老会は市内で4地区ありますが、高崎地区以外は春に行われています。招待者345人のうち出席者は128人で最高齢は96歳でした。高崎地区社会福祉協議会が主催し、出席者に少しでも楽しんでもらおうと、地区民有志が踊りなどを披露し、終始会場はアットホームな雰囲気に包まれた温かな敬老会でした。市では、今後とも健康寿命を伸ばしていただくため、平成31年度中に原宿農村公園に健康遊具の設置を予定しております。

土田正剛