こんなときは国民年金の届出を

国民年金は、20歳から60歳までのすべての人が加入します。
加入中に被保険者の種別が変更になったときは届け出が必要です。


こんなとき 届け出先 必要なものなど
厚生年金・共済年金に加入したとき
(扶養している配偶者がいるときは一緒に届け出をしてください)
勤務先 勤務先にお問い合わせください
厚生年金・共済年金の加入をやめたとき
(扶養している配偶者がいるときは一緒に届け出をしてください)
市民課 本人・配偶者の年金手帳、印鑑
資格を喪失した日が分かる書類
配偶者(第2号被保険者)に扶養されなく
なったとき(離婚や死別をしたときや収入が増えたとき)
市民課 年金手帳、印鑑
扶養でなくなった日が分かる書類

国民年金の被保険者には、次の3種類あります
 ◎第1号被保険者  自営業、自由業、学生などの20歳から60歳の人
 ◎第2号被保険者  厚生年金・共済組合に加入している会社員や公務員など
 ◎第3号被保険者  第2号被保険者に扶養されている配偶者

・詳しくは寒河江年金事務所(Tel:0237-84-2551)または
      東根市役所市民課保険年金係(Tel:0237-42-1111)にお問い合わせください。

・窓口での相談には、年金手帳、印鑑、本人確認のできるもの(運転免許証等)を忘れずにご持参ください。