東根市住宅用太陽光発電システム設置支援事業について

■住宅用太陽光発電システム補助金について
 再生可能エネルギーの一般家庭への導入促進および地球温暖化防止対策を図ることを目的に補助金を交付します。

 太陽光発電は太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式です。温室効果ガス排出量も減り、地球温暖化の防止につながります。 また、発電電力が消費電力より多いときは、自動的に電力会社から電気を買ってもらうこともできます。ぜひ、この機会に検討ください。
 また、平成30年度より、住宅用太陽光発電システム設置支援事業費補助金の対象者で、太陽光発電システムの設置に合わせ蓄電池設備を設置する人に対し、補助金を加算して交付します。

■申請および補助金額
 太陽光設備は、居住する市内の住宅に新規に設置し、太陽電池の最大出力が10kW未満のシステムを設置する人が対象です。蓄電池設備は、補助対象となる太陽光発電設備の設置と併せて設置するものが対象です。

   補 助 金 額
太陽光設備 太陽電池の最大出力または、パワーコンディショナの定格出力の合計値のいずれか小さいほうの値(上限4kW)に3万円を乗じた額または設置工事費のいずれか低い額。(最大12万円)
蓄電池設備 蓄電池容量(少数第2位以下を切り捨てた値とし、5.0kWhを上限とする)に2万円を乗じて得た額または設置工事費のいずれか低い額。(最大10万円)


 【受付時間】      8時30分~17時15分

 【要綱及び提出書類】  補助金事業実施申込書(様式第1号)
             交付申請書兼事業実施報告書(様式第2号)

             請求書(請求書記入例)
             ※太陽光設備の撮影例についてはこちらをご確認ください

 補助制度の詳細については、住宅用太陽光発電システム設置支援事業費補助金交付要綱をご覧いただくか、生活環境課へお問合せください。

 ※平成31年4月1日より要綱を改正しておりますので、必ずご確認ください。

http://www.city.higashine.yamagata.jp/11875.html
東根市 Copyright HIGASHINE City. All rights reserved.