本文へ移動

子どもの予防接種について

病気に対する抵抗力をつくり、健やかに育つために予防接種を実施しています。

東根市では、予防接種は全て指定の医療機関による個別接種で実施しています。

個別接種とは・・・

 市が指定する医療機関に個別に予約して実施する予防接種のことをいいます。対象年齢や接種間隔を確認のうえ、お子さんの体調の良いときに接種を受けましょう。

◎法律で定められた対象年齢を過ぎてしまうと任意接種となり、全額自己負担となりますので、ご注意ください。

予防接種の種類と内容  

予防接種には、予防接種法によって対象疾病、対象者及び接種期間などが定められた「定期接種」と、それ以外の「任意接種」があります。

定期予防接種一覧R4その1

定期予防接種一覧R4その2

※1 日本脳炎予防接種の特例措置について

  日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことが原因で、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種のご案内を行いませんでした。

 現在は新しいワクチンが開発され、国ではワクチンの供給量にあわせて対象者を決め、再開しています。

  • 平成17年度から接種差し控え中の間受けることができなかった平成14年4月2日から平成19年4月1日生まれの人
    ・・・20歳未満まで特例措置の対象になります。1期、2期の接種が終了していないお子さんは、20歳未満までの間、無料で接種することができます。
  • 平成21年4月2日から平成21年10月1日生まれのお子さんで、第1期(計3回)の接種が済んでいない人
    ・・・9歳から13歳未満の間に無料で受けることができます。母子健康手帳を確認し、接種もれがある場合は、早めに受診しましょう。
  • 3歳・4歳のお子さん(7歳6か月未満のお子さん)
    ・・・予防接種法に基づき通常のスケジュール通り接種してください。  

 

※2 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンについて

 対象者の方は、定期予防接種として接種を受けることができます。接種希望の方は、有効性とリスクを理解した上で接種を受けるようにしましょう。ご案内と予診票は対象者に順次郵送でお送りしています。

◆対象   中学1年生〜高校1年生相当の女子(平成18年4月2日〜平成22年4月1日生まれ)

◆送付時期 中学1年生と高校1年生相当・・・5月下旬
      中学2年生と中学3年生・・・6月下旬

詳しくは、リーフレット「小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」をご覧ください。  

 

キャッチアップ接種について

 平成25年6月からの積極的勧奨差し控えにより接種機会を逃した人(平成9年4月2日〜平成18年4月1日生まれの女性)について、令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間、無料で接種ができます。対象者には令和4年7月から順次、案内をお送りしています。

◆対象    平成9年4月2日〜平成18年4月1日生まれの女性

◆送付時期  平成9年4月2日〜平成12年4月1日生まれの女性・・・7月下旬

       平成12年4月2日〜平成15年4月1日生まれの女性・・・8月下旬

       平成15年4月2日〜平成18年4月1日生まれの女性・・・9月下旬

詳しくは、リーフレット「平成9年度生まれ~平成17年度生まれまでの女性へ」をご覧ください。

 

 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンを含む予防接種、性感染症、その他感染症全般についての相談窓口と詳細は、山形県ホームページ【子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について】または厚生労働省ホームページ【予防接種情報】をご覧ください。

 

 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンを自費で接種された方への助成(償還払い)については、詳細が決まりましたらお知らせいたします。

 

※3 三種混合ワクチンが終了していない人

 三種混合ワクチンの製造・販売が平成29年12月より再開しておりますが、三種混合ワクチン接種が終了していない対象者(生後3か月から90か月未満)の人は、引き続き4種混合ワクチンで接種していただいて構いません。 詳しくは医療機関または子育て健康課へお問い合わせください。

 

予防接種を受ける場合

 市が指定する医療機関に直接予約をし、接種を受けてください。

持ち物

(1)予診票  (2)母子健康手帳  (3)お子さんの健康保険証

市外(県内)の医療機関で予防接種を受ける場合

 市外(県内)の医療機関で接種を受けるときに、予防接種券が必要となります。接種券は、事前に申請が必要となります。申請は子育て健康課の窓口です。

接種券を持たずに接種を受けると、全額自己負担になります。また医療機関(市町村)によっては自己負担額が生じる場合があります。

接種券の申請のお手続きに必要なもの

(1)母子健康手帳

県外の医療機関で予防接種を受ける場合

 県外の医療機関で接種を希望されるときは、事前に県外で予防接種を受ける申請が必要となります。申請は子育て健康課の窓口です。

申請をせずに接種を受けると、全額自己負担になります。

県外で予防接種を受ける申請のお手続きに必要なもの

(1) 母子健康手帳  
(2) 県外予防接種実施依頼申請書

 

 また、料金は受診時にいったん自己負担してもらいます。接種を受けてから半年以内に申請いただくことで、払い戻しでの助成をしています。ただし、東根市での助成金額分に限ります。

払い戻しの助成を受けるお手続きに必要なもの 

  1. 医療機関で発行された領収書(および明細書)   
  2. 申請者(保護者)本人名義の振込用通帳 
  3. 母子健康手帳

 

任意予防接種  

おたふくかぜ予防接種の助成について

 生後12か月〜24か月未満の幼児について、おたふくかぜ予防接種の接種費用の一部を助成します。

  • 対象
    接種日において生後12か月〜24か月の幼児
  • 助成額
    3,000円(1人1回まで)
  • 医療機関
  • 自己負担
    医療機関で決められている金額から助成額を差し引いた額を、医療機関の窓口へ直接お支払いください。
  • 予診票
    新生児出生連絡票を提出いただいたときに配布しています。指定の予診票をお持ちでない場合、助成を受けられない場合がありますので、ご注意ください。

小児インフルエンザ予防接種の助成について

 1歳から年長児までの未就学児に、インフルエンザ予防接種の費用の一部を助成します。

  • 対象
    接種日において満1歳から年長児までの未就学児
  • 期間
    令和4年10月1日〜令和5年1月31日
  • 助成額・医療機関

  令和4年10月1日号の市報でお知らせいたします。

 

申請書様式などのダウンロード

 

お問い合わせ

子育て健康課母子健康係

  • 電話 0237-43-1250
  • ファックス 0237-41-2232
  • メールアドレス  kenkou@city.higashine.yamagata.jp

 

ホームページアンケートにご協力ください

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?