本文へ移動

スマートフォン決済アプリで市税・水道料金などが納付できます

仕事や育児などで、金融機関やコンビニエンスストアでの納付が難しい人も、スマートフォン決済アプリなら、いつでもどこでも納付できます。
スマートフォン決済アプリをインストールし、納付書のバーコードをスマートフォンのカメラで読み取ることで、銀行口座や電子マネーから市税・水道料金などを納付できます。

利用できる市税など

市・県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税種別割、国民健康保険税(普通徴収)、介護保険料(普通徴収)、後期高齢者医療保険料(普通徴収)、水道料金・下水道使用料

対応アプリ

PayB(ペイビー) PayPay請求書払い LINE Pay請求書支払い 支払秘書

ご利用手順

  1. スマートフォンで上記対応アプリをインストールします。
  2. アプリを起動し、利用登録を行います。
  3. スマートフォンのカメラで納付書のバーコードを読み取ります。
  4. 納付内容を確認し、納付します。

※詳しい操作方法については各アプリをご覧ください。

注意事項

  • スマートフォン決済アプリを利用した場合、領収書は発行されません。
  • 納税証明書は、アプリでの納付から約2週間後に、税務課窓口で交付できます(手数料が掛かります)。
    早急に納税証明書が必要な場合は、スマートフォン決済アプリを利用しないでください。
  • 車検用納税証明書(無料)が必要な場合は、金融機関やコンビニエンスストアでの納付をご利用ください。
  • 水道料金・下水道使用料の納付済証明書が必要な場合は、別途手続きが必要となります。
  • 次のような場合は、スマートフォン決済アプリでの納付ができません。
    • 納付書の納期限を過ぎている場合
    • 金額が30万円を超える場合
    • 口座振替をしている場合
  • 利用の際の通信料は、利用者のご負担となります。

市税等の納付に関するお問い合わせ 

税務課納税係 TEL内線2336~2339

水道料金等の納付に関するお問い合わせ

水道課業務係 TEL内線2551・2552

ホームページアンケートにご協力ください

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?