本文へ移動

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました

公開日:2021年12月03日
令和3年10月(予定)より、マイナンバーカードを病院のカードリーダーにかざすだけで、健康保険証として利用できるようになります。

 保険の加入状況に加えて、入院の際に必要だった限度額適用認定情報もマイナンバーカードをかざすだけで確認できるようになりした。
 また、これまでの特定健診情報や薬剤情報も確認することができるようになり、健康や投薬管理に活用されることになります。※閲覧には被保険者本人の同意が必要です。

 便利なマイナンバーカードをぜひ利用しましょう。

※利用するには、マイナポータルで初回のみ利用登録が必要です。
※医療機関側で読取用の専用端末を準備する必要があるため、今のところ利用できる医療機関は限られています。順次拡大予定となります。

詳しくは、厚労省の説明用ホームページをご覧ください。

ホームページアンケートにご協力ください

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?